【事例で見る】
テキストマイニングツールを
導入すべきシーン

顧客アンケートやインターネット上の口コミなどから有益な情報を抽出するテキストマイニングツールは、様々な企業・自治体で活用され始めています。 ここでは行政・自治体、コールセンター/コンタクトセンター、FAQ作成、人材育成・社員の負担軽減にテキストマイニングツール導入し、成功している事例について紹介します。

【事例1】行政・自治体

市民から寄せられる年間約5万件の電話問い合わせデータを効率的に分析できるようになった市役所。1日4,000件以上届いた国民からの意見の中から改善すべき項目を明らかにすることができた大臣。 コールセンターに寄せられる市民の声を効率よく分析し、上層部まで市民の声を届けられるようになった市役所といった事例について紹介しています。

行政・自治体で
テキストマイニングを
行った事例を見てみる

【事例2】コールセンター/
コンタクトセンター

コンタクトセンターへの年間100万件の問い合わせを分析し、トピックごとにVOCを分類できるようになった保険会社。 年末になると激増するコンタクトセンターへの膨大な問い合わせ件数を約半数に減らすことに成功した製品メーカー。 顧客からの年間約120万件にのぼる要望、苦情、コメントを分析、見える化し、問い合わせ件数を減らすことができた製品メーカーなどの事例について紹介しています。

コールセンターで
テキストマイニングを
行った事例を見てみる

【事例3】FAQの作成

年間10万件の顧客の声(VOC)を分析し、オペレーション改善やFAQ改善に関する課題を発見することでFAQ整備を進めることができた保険代理店。 ツールの全件マッチング機能とクロスマッチング機能によって、高精度なFAQをスピーディに構築した情報サービス会社などの事例について紹介しています。

FAQ作成でテキストマイニングを
行った事例を見てみる

【事例4】
人材育成・社員の負担軽減

これまでSNSやブログのデータ分析を行っても、マーケターの主観が入ってしまうために、客観的な分析結果を得ることができなかったビール会社。 会社を再起させるために、能力を持っている人をブランディングイメージとして定義し、面談や面接などに活かしている製品メーカーの事例などについて紹介しています。

人材育成・社員の負担軽減で
テキストマイニングを行った
事例を見てみる

【事例5】製品開発

コンタクトセンターなどに寄せられる組合員の声を分析するために使っていたツールをクラウド化し、的確にユーザーの声を把握することで、商品改善率が上がった生協。 大量の情報を読み返す時間がない記者や編集者がツールを使うことで、新たな記事作成に役立てられそうなことがわかった、という新聞社の研究事例について紹介しています。

製品開発でテキストマイニングを
行った事例を見てみる

【事例6】BPO事業

BPO事業を展開する企業では、縮小が危惧される業種となってしまったコンタクトセンター事業に付加価値をつけ、 収益性の高い事業に展開したいと考えテキストマイニングツールを導入。 蓄積された自社VOC分析結果とツールの分析により、価値の高いレポートを作成できるようになったほか、担当者の稼働時間も削減されたといった事例を紹介しています。

BPO事業でテキストマイニングを
行った事例を見てみる

【事例7】CS、ES調査

小売店や飲食店などのサービス業に、コンサルティングサービスを提供している企業。年間数十万件にもわたるアンケート調査結果を分析するためにテキストマイニングツールを導入。 フリーワード回答テキストを分析することで、膨大なテキストデータを理解でき、顧客へのレポートを短時間で作成できるようになった事例などについて紹介しています。

CS、ES調査でテキストマイニングを
行った事例を見てみる

【事例8】WEBサイト改善

リアルな店舗を持たないため、顧客の声が、顧客ニーズやWEBサイト改善点を知る重要な機会だと判断したネット銀行。 月に数万件の問い合わせがあり、読み取るだけで膨大な時間と労力と時間がかっていました。さまざまな角度からデータ分析できるテキストマイニングツールを導入したことで、 膨大なデータに埋もれていた声を拾うことができるようになり、WEBサイトの質が上がり顧客満足度も向上したという事例について紹介しています。

WEBサイト改善で
テキストマイニングを行った
事例を見てみる

check

自社のビジネスで、より戦略的に顧客の声を活用していきたいのなら、分析機能が豊富で、結果につなげやすい有料のテキストマイニングツールもぜひチェックしてみましょう。
以下のページでは、おすすめのテキストマイニングツールを「コスパ」「教育」「知名度」の3つの軸で比較。おすすめの3つを紹介しています。

【コスパ?教育?知名度?】
おすすめの
テキストマイニングツール
3選を見てみる

おすすめの
テキストマイニングツール3

ツールごとに機能やサービス内容が様々あるテキストマイニングツール。トライアル版を出しており、アンケートやリサーチから依頼ができるツール3つを紹介いたします。

「誰でも分析できる」
をコンセプトに設計

YOSHINA

(株式会社レトリバ)
YOSHINA
引用元:https://yoshina.retrieva.jp/
  • 専門知識や面倒な初期設定なしに分析が始められる。
  • 実務経験がない担当者の分析実績あり (※1)

YOSHINAの
無料デモ体験を申し込む

電話で問い合わせてみる

YOSHINAの
詳細を見てみる

自動辞書
テキストマイニング

TextVoice

(マイボイスコム株式会社)
TextVoice
引用元:https://www.textvoice.jp/info/
  • 類義語を自動で辞書に登録ができる
  • 最大6つの言葉をかけあわせて、分析ができる

TextVoiceの
無料デモ体験を申し込む

電話で問い合わせてみる

TextVoiceの
詳細を見てみる

Twitterデータ提供サービス認定
サービスプログラム

見える化エンジン

(株式会社プラスアルファ・
コンサルティング)
見える化エンジン
引用元:https://www.mieruka-engine.com/
  • 15億件 (※2)という膨大なデータを取り込むことが可能
  • Twitter社の認定サービス (※3)
    のため
    Twitterの分析に強い

見える化エンジンの
無料デモ体験を申し込む

電話で問い合わせてみる

見える化エンジンの
詳細を見てみる

※Google検索「テキストマイニングツール」の上位16社(2022年10月時点)の中から選定。